« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

2014年3月29日 (土)

JARL通常選挙

早い地域では昨日(我が家もそうでした)、
遅い地域でも今日か明日には投票用紙が届きます。

棄権すること無く、規定の通りに投票をしていただきたいと思います。

関東地方の方は、社員には私を選んでくだされば幸甚です。

選挙公報に書けない所信はこちら。
http://www.st.rim.or.jp/~jo1euj/jo1euj/jarl_shain_2014.html

2014年3月21日 (金)

総務省 試買テスト結果更新 3月20日版

総務省 試買テスト結果 3月20日付け更新リスト

http://www.tele.soumu.go.jp/j/adm/monitoring/illegal/result/index.htm

アマチュア無線目線では、下記の周波数でのF3Eは
たとえ電波法令どおりの微弱電波でも大迷惑です。

25-84 430.570MHz
25-74  50.173MHz

大分海上保安部:巡視艇とよかぜ、無線局免許の期間切れ

http://mainichi.jp/select/news/20140321k0000m040065000c.html

3月10日で有効期間満了、19日に気づいたという。
その間、
「失効した免許にかかる無線局から電波の発射が無かった」
のならばまだしも・・・ 

九州総合通信局では電波法第4条違反の有無を確認中だそうな。

無線局免許状が失効した状態で、免許を受けていた無線局
から電波を発射したら、電波法第4条違反になるのは、
ここ1,2ヶ月の

「移動しないアマチュア局」の免許を受けている者が、
そのアマチュア局を移動して運用していた場合は
「移動するアマチュア局の免許が無い」から「電波法第4条違反」
として免許人を処分したという報道を参考にするまでも無いことである。

2014年3月15日 (土)

文字数制限との戦い 水平偏波・垂直偏波の説明

過去にも書いていますが・・

電場、電界、磁場、磁界  2011年6月28日 (火)
http://jo1euj-tom.cocolog-nifty.com/blog/2011/06/post-e237.html

「電界・磁界・電場・磁場」その後、そして地デジ  2011年7月24日 (日)
http://jo1euj-tom.cocolog-nifty.com/blog/2011/07/post-a865.html

ちょっと加筆します。

当初案

電波はお互いに直角に交わる電界と磁界でできていて、空間を波として進んでいきます。
電界が地面に対して水平に進んでいくのが水平偏波(へんぱ)、垂直に進んでいくの
垂直偏波(へんぱ)です。

これで、「図」も添付できれば良かったのですが、図の添付が
スペースの都合でできないので、原稿校閲者の指摘は

> 「垂直偏波の場合、発せられた電磁波は、地面(すなわち水平面)に対して
> 垂直な方向に進んで行くことになるので、空の上の方(鉛直上方)に伝わって
> 行くことになってしまいます。
> ですから、「電磁波」という言葉では、読まれた方に誤解を与える可能性が
> あります」

そして提示された案は

電波は空間を波として進んでいきます。
波(電場)が地面に対して水平に並が進んでいくのが水平偏波(へんぱ)、
波(電場)【電磁波】が地面に対して垂直に進んでいくのが垂直偏波(へんぱ)です。

でしたので

電波は空間を波として進んでいきます。
波(電界(電場))が地面に対して水平に並が進んでいくのが水平偏波(へんぱ)、
波(電界(電場))【電磁波】が地面に対して垂直に進んでいくのが垂直偏波(へんぱ)です。

としようと思ったのですが、これだと「磁界(磁場)」が解説文に出てこなくなるので

「磁界(磁場)」の説明が無い」

と指摘される可能性がありますし、

原稿を審査する方が物性物理が専門(電場・磁場を勧めてくる方が多い)でも
電気物理や電磁気学が専門(電界・磁界を勧めてくる方が多い)でも
どちらも納得するように

最終稿は「磁界(磁場)と電界(電場)の説明」も含めた

電波(電磁波)は電気の波(「電界」または「電場」といいます)と
磁気の波(「磁界」または「磁場」といいます)からできています。
これらが交互に、直角に交わりながら進んで行きます。
電気の波が地面に平行に進むときを「水平偏波(へんぱ)」、
垂直に進むときを「垂直偏波(へんぱ)」といいます。

これでOKでした。
この最終稿を含んで他の部分も修正すると、割り当てられた
スペースに使える文字数制限ギリギリだったのです。

2014年3月11日 (火)

東日本大震災から3年

一昨日の日曜日も含めて、非常通信訓練をする場合が有ると思います。

過去の書き込みのうち関連書き込みにリンクを張っておきます。

難解部分 解説シリーズ第一回 「非常通信、非常通信業務、非常の場合の無線通信」の違い
http://jo1euj-tom.cocolog-nifty.com/blog/2012/07/post-f4e7.html

緊急避難行為と無線局の無資格操作
http://jo1euj-tom.cocolog-nifty.com/blog/2012/07/post-4aab.html

2014年3月 9日 (日)

長崎県での「航空無線での虚偽の遭難通信」について

3月6日放送「KTNニュース(テレビ長崎)」や3月7日付「長崎新聞」
「毎日新聞長崎版」は、航空機の事故にもつながりかねない事態
として、「航空無線を使い、嘘の遭難を管制塔に伝えた容疑で男を
逮捕」と報道した。

に関して。.・・・

容疑者に適用される可能性があるのは

免許を受けていない無線設備からの送信なら
電波法第4条違反。
電波法第110条により「1年以下の懲役又は100万円以下の罰金」

虚偽の遭難通信は「電波法第106条第2項」。
罰則は「3ヶ月以上10年以下の懲役」と規定されている。
この場合は、「免許を受けている無線局から送信した」場合が
前提のはず。

さて、どちらが適用されるでしょうか。

3月1日 羽村市立武蔵野小学校 ARISS 画像

3月1日の 羽村市立武蔵野小学校でのARISSの様子が

7M3TJZ 安田さんのサイトに掲載されていましたので紹介します。

http://7m3tjz.at.webry.info/201403/article_1.html

直接DLする場合は
http://www.ariss.jp/8n1ma/MARISSvideo.mp4
500MBほどあります。DLには要注意。

ビデオに映っている方のうち、オレンジ色のジャンパーは
「羽村ARCハムラーズ」と「福生アマチュア無線クラブ」、
JH1LWP 島田支部長等ですが、
実際には当日会場に居なかった「隠れスタッフ」も居ました。

たとえば2月24日の「合同運用」で現場に居たJARL関係者は
私を入れて8人ですが、その8人全員が3月1日にオレンジ
ジャンパーを着て会場に居たわけではありません。

総務省 試買テスト結果更新 2月27日版

平成26年2月27日付けで試買テスト結果が更新れています。

http://www.tele.soumu.go.jp/j/adm/monitoring/illegal/result/index.htm

FMラジオ帯では無い「FMトランスミッター」が多いですね。
アマチュア無線帯を使ったものも在りますし、
航空機航行援助無線に妨害になるなど

「重要無線通信妨害(電波法第108条の2)」が適用される可能性が
高いものも見受けられます。

2014年3月 8日 (土)

2月24日の電監規正局とガイダンス局の合同運用

平成26年2月24日
総務省関東総合通信局規正用無線局と
JARLのガイダンス局が東京都西多摩郡瑞穂町で
合同運用を実施

http://www.jarl.org/Japanese/7_Technical/denshou/kisei-renkei.htm#20140224tokyo

 平成26年2月24日(月)、東京都西多摩郡瑞穂町(瑞穂ビューパーク)で、
総務省関東総合通信局とJARL(関東地方本部・東京都支部監査指導委
員会)が連携して144/430MHz帯「CW、衛星、レピータ、狭帯域」等に
おける周波数使用区分違反の運用者に対して、
「電波法に対する違法性の指摘と遵法喚起」、「電波法違反の指摘と
運用停止要請」を総務省関東総合通信局規正用無線局とJARLガイダン
ス局を用い、合同で実施しました。

###

関連記事

・ 羽村市において国際宇宙ステーションとの交信を支援
 http://www.soumu.go.jp/soutsu/kanto/01sotsu03_01000521.html

####

この合同運用は、3月1日に実施された
羽村市立武蔵野小学校でのARRISSスクールコンタクトに備えての
電波環境保護、不法局取り締まり活動の一環として行われたものです。

私も参加していました。
私と面識がある方がJARL WEB に掲載の写真を見た場合や
面識が無くても過去にJARL WEBに掲載された私を紹介する記事を
見れば、私も参加していたことは判ってしまうので公開します。

2014年3月 5日 (水)

関東総合通信局 3月5日の報道資料から

総務省関東総合通信局(局長 岡崎 俊一(おかざき しゅんいち))は、
電波法に違反した埼玉県坂戸市の男性(64歳)に対して
42日間の無線従事者の従事停止処分を行いました。

http://www.soumu.go.jp/soutsu/kanto/01sotsu03_01000512.html


総務省関東総合通信局(局長 岡崎 俊一(おかざき しゅんいち))は、
電波法に違反した群馬県藤岡市のアマチュア局の免許人(男性74歳)に対して
42日間の無線局の運用停止処分及び無線従事者の従事停止処分を行いました。

http://www.soumu.go.jp/soutsu/kanto/01sotsu03_01000513.html


前者は「移動する局」の免許が無いのに移動運用していた。
後者は「変更申請しない設備、周波数、電波型式」で運用していた。

ということだそうです。

2014年3月 4日 (火)

3月1日のARISS スクールコンタクト関連記事

JARLのホームページ内で概要が紹介されています。

http://www.jarl.org/Japanese/2_Joho/News2014/2014_news-3.htm#0303

ここで、記事中に出ていた「規正局」は
このブログでも何度か紹介した、
総合通信局の職員が運用をする
「電波の規正に関する広報」を行う「特別業務の局」です。

呼出名称等は アマチュア局向け抄録では省略されていますが、
分厚いほうの「電波関係告示集」には載っています。

おそらく 使われたのは

「でんかんきせいとうきょうかはん80」

でしょう。

この1局でアマチュアバンドは145MHz帯と435MH帯に対応していて、
電波型式では F3EとF7Wに対応しています。

そう、D-STAR と C4FMの両方にも対応しているのです。

######

平成26年3月9日

3月8日の
「2月24日の電監規正局とガイダンス局の合同運用」
の記事で、自分もそこに居たことを書きましたので。

使われたのは

「でんかんきせいとうきょうかはん80」

です。

2014年3月 2日 (日)

小型衛星からのビーコン

2月28日に打ち上げられたH-2Aロケットで軌道投入が行われた
小型人工衛星には、アマチュアバンド内でテレメトリビーコンを
受信できるものがあります。

衛星を作成した各機関のホーページ以外では

http://www.hamlife.jp/2014/02/28/h2a-23-successful/

に、周波数等が公開されています。

受信レポートは各機関のホームページ等を確認してから提出してください。

(一社)日本アマチュア無線連盟 東京都支部大会終わる

今日は」支部大会開催日でした。

東京都支部役員(監査指導委員)である私は
午前中から会場入りして設営準備です。

当初は受付係ではなかったのですが、
成り行きで受付係をしていました、.
来場者各位から見て、向かって左側の

「スーツ姿で青い帽子」

が私です。

盛会でして、予定より30分ほど押してしまいましたが、
無事終了して、その後の懇親会にも参加して、先ほど帰宅したところです。

ご来賓ならびにお来場者各位 ありがとうございました、

支部役員各位 おつかれさまでした。

2014年3月 1日 (土)

都内でARISS スクールコンタクト実施されました

今日の17:17ころから10分間、羽村市立武蔵野小学校に
開設された 8N1MA で実施されました。

7M3TJZ 安田さん提供の 軌道要素確認ツールで見た
今日の羽村市役所でのPASSは

7M3TJZ SatTrack V3.1 Orbit Prediction

Satellite #25544  : ISS
Data File         : tlex.dat
Element Set Number: 743 (Orbit 87380)
Element Set Epoch : 24Feb14  06:03:00.105 UTC   (0.3 days ago)
Orbit Geometry    : 412.63 km x 417.85 km at 51.651 deg
Propagation Model : SGP4
Ground Station    : Hamura, Tokyo, Japan   ---   PM95PS
Time Zone         : JST (+9.00 h)

Date (JST)          Time (JST) of        Duration   Azimuth at  Peak  Vis Orbit
                 AOS      MEL      LOS     of Pass  AOS MEL LOS  Elev

Sat  01Mar14  07:38:41 07:39:29 07:40:25  00:01:44  130 121 111   0.6  DDD 87454
              09:10:07 09:15:23 09:20:42  00:10:35  209 134  56  35.9  DDD 87455
              10:47:08 10:52:08 10:57:17  00:10:09  259 328  38  21.8  DDD 87456
              12:26:11 12:29:54 12:33:40  00:07:29  303 347  32   6.3  DDD 87457
              14:04:37 14:08:09 14:11:48  00:07:11  327   9  51   5.5  DDD 87458
              15:41:11 15:46:01 15:50:58  00:09:47  324  28  94  17.0  DDD 87459
              17:17:39 17:22:58 17:28:21  00:10:43  307 224 142  55.0* DDD 87460
              18:56:16 18:58:59 19:01:46  00:05:31  268 237 206   3.2  VVV 87461

Sun  02Mar14  08:21:27 08:26:20 08:31:17  00:09:51  195 130  64  19.1  DDD 87470

このうち 
              17:17:39 17:22:58 17:28:21  00:10:43  307 224 142  55.0* DDD 87460
のパスで実施されました。

開催にあたっては地元の
「羽村ARCハムラーズ」と「福生アマチュア無線クラブ」がバックアップしていました。

楽しみにしていた皆さん おめでとうございます。
関係したスタッフ各位 お疲れ様でした。

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »