« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

2014年2月25日 (火)

ARISS スクールコンタクト 都内で実施は どうやら今週中

2月6日付
<ISS交信>妨害させぬ 違法無線取り締まり…警視庁など
http://jo1euj-tom.cocolog-nifty.com/blog/2014/02/post-23bf.html

どうやら 今週中の実施のようです。
単純に、いままで「実施しました」という情報はありませんから、
今週中の実施しかあり得ないだろうということです。

たぶん 直前になるとARISS公式ページやJARLから実施の
アナウンスが在るはず。
時間が合う方はISSからのDLをワッチしてみてはいかがでしょうか。

2014年2月24日 (月)

続 14078のF、7040のK

JARL国際課から返信を頂きました。

IARU Reg3 のホームページ内の
http://iaru-r3.org/iaru-region-3-monitoring-system-newsletter/
を見ると、7040のは常連、14078のは例が少ないとのこと。

日ごろの運用の合間にQRVを確認したら、
所定の書式で監査指導委員長>JARL>IARUという手順で
レポートを上げていくしか無いです。

とは言っても 本業も多忙な時期があるので、
無理が無い範囲でやるしか無いですね。

2014年2月22日 (土)

14078kHzの「F」連打、 7040kHzの「M」連打

最近は JT65/JT9にはまっています。

数日前から、突如として 14078kHzで
モールス符号(60字・分くらい)で「F」の連打が入感します。

14078kHzですと、JT9/JT65の交信に支障がある場合があります。
どうやら これは「7040kHzでの「F」連打」と同じく「Cluster Beacon」
のようです。

今、我が家では 7040KHzは「M」連打が入感しています。

他のアマチュア無線仲間等のブログ等を参考にすると
発信源は「F」がウラジオストック、「M」はマガダンが発信源らしいです。

HF帯をワッチできる方で八木系アンテナがある方は
発信源方向を探って、
JARL国際課か業務課、あるいはお住まいの地域の
監査指導委員に連絡していただけると幸いです。
(都内の方なら 私でOKです。)


必要に応じて「関東総合通信局 三浦電波監視センター」
で確認していたくことも必要でしょう。
http://www.soumu.go.jp/soutsu/kanto/re/kokusai/

電話番号は 短波帯混信妨害 046-888-8837 です。

参考:
http://www.soumu.go.jp/soutsu/kanto/ques/faq/ques/index.html

2014年2月21日 (金)

平成26年 一般社団法人日本アマチュア無線連盟 社員選挙

JARLの選挙告示

http://www.jarl.org/Japanese/2_Joho/2-3_Kokuchi/2014/h260221.pdf

にあるとおり、関東地方本部選出社員に立候補しました。

所信等はこちら。(拙ホームページ内です)

http://www.st.rim.or.jp/~jo1euj/jo1euj/jarl_shain_2014.html

よろしくおねがいいたします。

2014年2月 9日 (日)

総務省作成 こども向け 電波教室 コンテンツ(再掲)

2013年6月30日
総務省作成 こども向け 電波教室 コンテンツ

http://jo1euj-tom.cocolog-nifty.com/blog/2013/06/post-51b4.html

に追加があります。

1 こども向け表紙
http://www.tele.soumu.go.jp/kids/index.htm

2 CGアニメ版 1からもリンクされています。
http://www.youtube.com/watch?v=poILs3DANYY

3 冊子版 PDF (追加)
http://www.tele.soumu.go.jp/kids/tanosii/denpakyositsu.pdf

冊子版の配布、映像版のDVD上映が可能です。

科学館、児童館、学童クラブ、小中学校、高等学校等の理科クラブ
などでの科学教育の一環として、その地域の電波適正利用推進員
が直接上映や配布を行うなど、一定の条件がございます。

ご希望の方は電波適正利用推進員協議会
http://www.cleandenpa.net/
から、お住まいの地域を選んで、担当事務局に御連絡ください。

2014年2月 8日 (土)

≪警視庁保安課・福生署・日野署・田無署と共同で不法無線局の取締りを実施≫

総務省関東総合通信局(局長 岡崎 俊一(おかざき しゅんいち))は、
平成26年2月5日、東京都福生市の産業道路において、
警視庁保安課、福生警察署、日野警察署及び田無警察署と
共同でトラック等の車両に開設した不法無線局の取締りを実施し
下記の3名を電波法第4条の違反容疑で同警察署に告発しました。

http://www.soumu.go.jp/soutsu/kanto/01sotsu03_01000499.html

 また、今回の共同取締りは近々に予定されている国際宇宙
ステーションとの無線交信がスムーズに実施出来るよう地域の
電波環境正常化を目的として行ったものです。

2014年2月 6日 (木)

<ISS交信>妨害させぬ 違法無線取り締まり…警視庁など

警視庁と総務省関東総合通信局は5日、
今月末にも予定されている国際宇宙ステーション(ISS)と
東京都内の小学生とのアマチュア無線交信が、トラックなどの
違法電波に妨害されるのを防ぐため、違法無線機を設置する
車両の取り締まりを始めた

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140205-00000045-mai-soci

####

実施する小学校は、電波教室開催のために何度か訪問した
ことがあり、アリススクールコンタクトにエントリーしたことを
お伺いしていました。

順番が決まったようですね。

ISSとの交信保護のための警察による
不法局取り締まりは初めてでは無いはずなんだけど・・・。

これに限らず、普段でも
取り締まりは結構頻繁におこなわれています。

2014年2月 2日 (日)

用語解説シリーズ 57回目 「技適マーク」

日本国内で使用する電波利用機器は、

電波法令で定める「技術基準適合」表示が原則として必要です。

総務省 電波利用ホームページ
技適マーク、無線機の購入・使用に関すること

http://www.tele.soumu.go.jp/j/adm/monitoring/summary/qa/giteki_mark/index.htm


携帯電話やスマホの場合は、海外の電気通信事業者と
日本の電気通信事業者とがローミング契約を結んでいる場合の
海外の電気通信事業者や海外の電気通信関連主管庁が
認証した端末はマークが無くてもいいらしいです。
(相互認証などの観点)


携帯電話機やスマホは原則として本体に技適マークがあります。
多くは電池収納部に有る銘板にありますが、
所定の操作をすると画面に表示できる場合でもいいそうです。


ここで、巷に出回っているアプリで、

技適を取っていないスマホ等にインストールして、
所定の操作で画面に技適マークを表示する

という「技適機偽装アプリ」があるそうです。

技適マークの近辺に □で囲ったRと、その後に
数字とアルファベットを使った技術基準適合証明番号(技適番号)等が
「必ず」有りますので、マークしか表示しないものは、あり得ません。

参考までに

□で囲ったRとその後の番号は電波法令。
□で囲ったTとその後の番号は電気通信事業法令

による技術基準適合証明ですので、
日本で使用する、日本市場向けの携帯電話とスマホには両方が必ずあります。

(ローミング契約があるなどの例外を除く)

当然 技適番号等は

技術基準適合証明等を受けた機器の検索
http://www.tele.soumu.go.jp/giteki/SearchServlet?pageID=js01

で検索した結果は、

その番号を表示している機器の機種名、製造者と
検索結果は一致しなければなりません。

この技適偽装アプリは、無線局免許状偽装と同じ扱い
(公文書偽造)になる可能性があります。

2014年2月 1日 (土)

無線局免許 電子申請 免許状送付に受取人払い制

無線局の免許、再免許、変更等において電子申請を行った
場合は、審査終了を待って、返送用封筒を総合通信局に
送る以外に「受取人払い」で送ってもらう方法が今年から
開始されています。

費用は 3月31日までは500円、4月1日以降からは520円を
代引き郵便で送られてきます。

詳細は下記。

##

送料受取人払いによる免許状の受取について

開局申請、再免許申請の審査が完了すると、免許状が
交付されます。
申請時に免許状受取方法として、送料受取人払いによる
受取を選択した場合の処理の流れを説明します。

※1.免許状受取方法として、「返信用封筒別送」を選択した場合は、
免許状返送用封筒の送付をしていただく必要があります。

※2.申請時に免許状受取方法として、「窓口受領」を選択した場合は、
管轄の総合通信局又は総合通信事務所にて直接受け取ってください。

http://www.denpa.soumu.go.jp/public2/help/entry_191.html

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »