« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

2013年10月30日 (水)

用語解説シリーズ 48回目 「相互変調」

受信時に起きる障害の原因に「相互変調」があります。

2以上の受信信号が、受信機の初段の高周波増幅部の増幅素子の
「非直線性」の部分で干渉が起きる(周波数混合回路の動作原理でもある)のが
主な原因です。

いくつか例を挙げます。

1; 横浜市周辺でテレビがアナログ時代は1295.00MHzでTVKテレビ音声が聞こえた。

原因は単純です。TVKテレビ(本局)のアナログ時代は

送信所:    横浜市鶴見区 三ッ池公園
チャンネル:  42ch
周波数:    映像周波数 645.25MHz/音声周波数:649.75MHz
出力:     映像 10kW/音声 2.5kW
実効輻射電力: 映像 125kW/音声 31kW

映像周波数と音声周波数が相互変調を起こすと 645.25 + 649.75 = 1295.00 となります。

1295.00MHzは1200MHz帯のFM(F3E)通信時の呼出周波数です。
1295.00MHz帯で「プリアンプ」を使っていて、プリアンプオンだと顕著でした。

2: 東京周辺での 1620kHzの「路側ラジオ」に混信する英語放送

810kHzの「AFN」(かつてのFEN)の2倍波です。
AFNの送信所が近いと顕著です。 横田基地周辺でしょうか。
これは混変調や相互変調が原因ではありませんが、
路側ラジオ(いわゆる「道路交通状況放送」)の受信に支障がある場合が有り、
それが激しい場所では路側ラジオは「1629kHz」を使う場合が有ります。

3: 14080kHz (RTTY(というより「パケット通信」のほうが正しいようです)の
JT9モードやJT65モード等で多用される 14076kHz, 14078kHzにQRMになる)での
東アジアの某放送局

その放送局では、この周波数そのものは使っていないようですが、
聞こえる時間帯に、その放送局が3250kHzと7580kHzを使っている場合に、

3250 ×2 = 6500、 6500 + 7580 = 14080 (kHz) という相互変調が発生していると
ズバリピンポイントとなります。

これに関してはアマチュア無線家レベルでできることは、
各地での 3250kHz、7580kHz、6500kHz、14080kHzの状況を確認し、
JARLを通じてIARUに報告し、最終的にITUに上げるくらいしか手がありません。

関東総合通信局の、神奈川県三浦にある短波帯監視所の「短波帯混信申告」に
申告する方法もあります。

送信機1台で 3250kHzと7580kHzを100kWや200kWなどまで増力し、同じアンテナで
送信していると、送信側で発生する可能性もゼロではありません。

かつて、東京タワーから NHK-FM(東京 82.5MHz), FM東京(80.0MHz)、J-WAVE(81.3MHz)が同居送信していたときは
送信機室には「三波共用器」があって、

各送信機の出力はアンテナに出ることはできるけど、他の送信機に行く
(送信機目線では SWRが上がっているのに等しい状態)ことが無い

ということをしていました。
その放送局では、アンテナ共用や、そういう共用器を使っているかどうかは判りません。

2013年10月29日 (火)

用語解説シリーズ 47回目 「SINPO」 とQ符号

BCLを勤しんでいた方なら説明不要でしょう。

S:信号強度 Q符号で言えばQSA相当。 QSA5=S5、QSA1=S1とできると思います。

I:混信 同じくQRMですが、SINPOコードの場合はI=5だと混信が無い(QRM=1)となり数字の意味が逆。

N:ノイズ QRN。 これも5だとノイズ無し(QRN=1)で数字の意味がQRNとは逆です。

P:伝搬障害 強引に当てはめれば QSB. 5だと障害無し、1だとQSBが激しくて受信に
 支障があるとなるが、QSB自体はQRMやQRNと同じ使い方はしない。
 P=3以下の時に「QSBがある」と言うくらいでしょうか。 
 とは言ってもP=4でも「QSBがある」と言う方も居ます。

  
O:総合評価 基本的に SINPの平均点または最低点を付けるのだそうです。

一般的に、国内放送並、それも地元の中波局並みならば SINPO=55555でしょうか。

あと、モービル運用時によく使う「メリット」も 私感ですが SINPOで評価して、
Oの部分だけを送る感じでしょうか。

2013年10月22日 (火)

アマチュア無線関連参考に (総務省 FAQページ)

関東総合通信局のホームページから。

http://www.soumu.go.jp/soutsu/kanto/ques/faq/faq/riyou.html#

  • Q1-1:住所が変わりましたがどのような手続をしたらよいですか
  • Q1-2:名前が変わりましたどのような手続をすればよいですか。
  • Q1-3:アマチュア無線の免許が切れてしまいました。どのようにしたら良いですか。
  • Q1-4:アマチュア局の申請用紙を入手したいのですがどうしたらよいですか。
  • Q1-5:アマチュア局の電子申請をしたいのですが。
  • Q1-6:アマチュア無線を始めるのはどうしたらいいのですか。
  • Q1-7:アマチュア無線の免許を取りたいのですがどうしたらよいですか
  • Q1-8:アマチュア無線のコールサインが欲しいのですが
  • Q1-9:アマチュア局の電波利用料の請求書が送られてこないのですが
  • Q1-10:電波利用料の請求書が送られてきました。支払う必要があるのでしょうか?
  • Q1-11:アマチュア局を運用していて、電波障害が発生してしまいました。
  •      どのようにしたらいいか。
  • Q1-12:アマチュア無線のことで、近所の方とトラブルが発生してしまいました。
  • Q1-13:登山家が山で遭難した場合、アマチュア無線により連絡をとり救助されたという
  •      ニュースを耳にしますが、無資格でアマチュア無線を使用することができるの
  •      ですか
  • Q1-14:アマチュア無線局の免許、無線従事者の資格をもっていれば非常通信を
  •      行うことができますか
  • Q1-15:移動するアマチュア局の免許の際に発給される免許証票は無線機に
  •      貼らなければならないのですか、また、免許状はどこに保管すればよいのですか
  • 参考にしてください。

    2013年10月21日 (月)

    電波法令集 追録43号

    19日に到着しましたので差し替え作業を実施しました。

    削除 377枚 追加 341枚で所要時間1時間でした。

    電波法施行規則、無線局免許手続規則、無線設備規則、
    放送法施行規則などが差し替わっています。

    電子政府のホームページで各条文の改正後のものが公開されています。

    電波法施行規則
    http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S25/S25F30901000014.html

    無線局免許手続き規則
    http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S25/S25F30901000015.html

    無線設備規則
    http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S25/S25F30901000018.html

    放送法施行規則
    http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S25/S25F30901000010.html

    2013年10月15日 (火)

    総務省 試買テスト結果公表 第1弾

    10月15日付けで「電波法令に違反している疑いがある機器の試買テスト」の結果の
    一部が公開されました。

    (総務省)発射する電波が「著しく微弱」の範囲を超える無線設備の公表
    http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01kiban17_02000011.html

    (総務省電波利用HP)無線設備試買テストの結果について
    http://www.tele.soumu.go.jp/j/adm/monitoring/illegal/result/index.htm

    結果は随時追加されます。

    FMラジオで聞くためのトランスミッタ、携帯電話妨害装置、ワイヤレスカメラが
    第一弾として掲載されています。

    2013年10月13日 (日)

    用語解説シリーズ 46回目 「GPS」

    説明は不要だと思うけど。。。

    複数の人工衛星からの電波を受信して、その時間差から自分の位置を測定する
    システムで、元々は米軍が使い始めた機能のうち「一般公開モード」を使っている。

    ごく最近、日産などの自動車メーカーが発表した「交通事故防止システム」は
    こんな機能だそうだ。

    自動車、歩行者ともにGPSでお互いの位置情報を測定する。進行方向、速度も計測する。

    一定条件の下で、交通事故を起こしそうな位置関係になったら、お互いに警告する。
    自動車側は必要に応じて自動ブレーキが掛かる

    この機能の実現には克服するべき課題がいくつかあると思います。

    (1) まずはGPSの測定精度を数センチ以下の誤差にする必要がある。

    (2) 歩行者に対して、いわゆる「歩きスマホ」を要求する機能であってはならない

    技術的には興味がありますね。

    当然、機能未搭載の車両や携帯電話類では意味が無いのは当然ですし、

    実用化、市販化の際には「機能があるから安全だ」と安全確認をなおざりにする方が
    出てこないような方策をする必要があります。
    テロップで「安全確認の最終責任は運転者です」って出す
    現行の「カメラやミリ波レーダーでの追突防止装置」のCMが有りますが、
    それ以上の方策が必要でしょう。

    D−star機能があるアマチュア無線機には GPS機能があるものがありますね。
    私は「最寄りのD-Starレピータ検索」に使います。
    とは言ってもたいていはマニュアル検索ですけどね。
    なぜなら、電源オンからしばらく(10分くらいかなぁ)経たないと自分の位置の計測が
    完了しないからです。

    通勤の行き帰りで、1時間ほど某路線に乗るのですが、その車中で自分のGPS位置
    情報を見ると、かなりな高精度でそのときの線路の方角、電車の走行速度をトレース
    しているのはさすがだと思います。

    どうやってGPSアンテナを仕込んでいるのかとか、GPS処理部のチップというか、
    ユニットの小型化に仕事柄興味がありますね。

    « 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »