« 秋葉原 ラジオストアーが11月末で閉店 | トップページ | JARLが事務局をQSY »

2013年9月28日 (土)

用語解説シリーズ 45回目 「免許の停止」

総務省の報道資料から。

「移動しないアマチュア局」の免許のみを受けている方が

「移動して運用している」

のを発見されたことに対する処分だそうです。

http://www.soumu.go.jp/soutsu/kanto/01sotsu03_01000383.html

総務省関東総合通信局(局長 岡崎 俊一(おかざき しゅんいち))は、
免許を受けないで無線局を開設し、これを運用した茨城県稲敷郡阿見町の
男性(44歳)に対して42日間の無線従事者の従事停止処分を行いました。

本件は、関東総合通信局三浦電波監視センターの電波監視により違反の
事実が発覚したものであり、電波利用秩序の維持を図るため、
今後も着実な電波監視を行い、電波法違反に対しては厳正に対処してまいります。

#####

この記事の方は電波法第七十九条第一項による無線従事者免許の停止処分を
受けたわけですが、電波法第七十六条第一項による、
いわゆる「無線局の免許の3ヶ月以内の期間を定めた停止」
を受けなかったようです。

最大で3ヶ月(90日だそうです)のところを42日の無線従事者免許の停止です。
アマチュア局の場合は電波法第三十九条の十三により

「免許人=無線従事者(外国のアマチュア無線資格で総務大臣が告示すものを持つ者を含む)」

ですから、報道された方は無線従事者免許停止期間の42日間はアマチュア局を
運用することができません。
もし、三総通以上の有資格者の場合は、その資格で操作できる無線局全てが
運用できません。

また、おそらく4アマ(電話級アマおよび相当資格含む)、3アマ(電信級アマ)を
含む全無線従事者資格を停止されているはずです。

過去の報道発表に依れば、アマチュア局免許人の電波法令違反に対して
無線従事者免許と無線局免許の両方を停止された例が数多くありますが、
無線従事者免許のみの停止の例もいくつかありますが、両方の停止よりは
件数が少ないと思います。

過去の総務省の報道発表から いくつか紹介します。

(1) 本来 微弱電波でなければならない「ミニFM」の「オーバーパワー」をしていた
  アマチュア局の免許人の場合は両免許を70日ほど停止された例。

(2) 無免許無資格のダンプ運転手仲間に、使用する周波数等を入れ知恵していた
  アマチュア局の免許人の場合は両免許を20日ほど。(日数違いで何件もある)

(3) オーバーパワー(電波法第五十四条違反)により30日の両免許停止
     (日数違いで何件もある)
  

(4) 電波法第五十二条違反(目的外通信)、第五十三条違反(設置場所、指定事項違反)
  での停止も皆無ではありません。 
  4アマなので14MHz帯の免許が無いのに14MHz帯に出ていたなど何件もあります。


両免許については停止に対して「取り消し」の場合も有るのですが
「無線従事者免許の取り消し」に関して、「不正な手段での取得」と、
その結果受けた「アマチュア局の免許の不正な手段による変更の取り消し」
に関しては インターネット上に情報が散見できますので、ここでは手口の詳細は言及しません。

受けたであろう処分の解説としては

二アマだと思われていた方が「替え玉受験」で・・・(以下略)という例が目立つと思います。

この場合は『不正取得した二アマ免許』は取り消し。
その「二アマ免許が根拠のアマチュア局免許変更許可や解説申請」も取り消しです。

たとえば、「移動しない最大出力200Wの局」と「移動する50W局」の
両方を持っていた場合は、

「移動しない局」は「根拠の二アマ免許が不正取得なので二アマ免許取り消しに
合わせて無線局免許取り消し」

「移動する局」は「空中線電力等指定事項を三アマもしくは四アマの範囲にする」

という処分です。

つまりは、三、四アマ免許は取り消されなかったそうですから、
局免は三アマ以下の内容に役所の権限で変更されたそうです。

« 秋葉原 ラジオストアーが11月末で閉店 | トップページ | JARLが事務局をQSY »

アマチュア無線」カテゴリの記事