« ハムフェア 2013 終わる | トップページ | 防災の日に寄せて »

2013年8月31日 (土)

逓信総合博物館 最終日

今日は 大手町にある 逓信総合博物館が最終日です。

周辺の再開発に伴ってのビル建て替えのためです。

二階、三階にある常設展示で、電話交換機の仕組み、
テレックスの仕組み、プッシュホンのデモがあったり、
有線電報の機器の展示もありました。

「逓信型甲種単流電鍵」や「サウンダ-」の実機展示も在りました。

小中学生時代は何度も見に行ったものです。
そのせいかどうか・・・

社会人になってしばらくは マイクロ波機器の製造調整で飯を食い、
平成になってからは電話交換機(D-70やらISDNやらATMやら)
設計で飯を食い、
今はジャンルは問いません(どちらかというと何らかのデータ伝送
系機器多い)が、ASIC、FPGA設計で飯を食っていますが・・・
そのきっかけになった展示があったのが この逓信総合博物館です。

もちろん アマチュア無線の免許を取るきっかけにもなったのでした。

「電気通信科学館」ってのも在ったのですが、そちらには行ったこと
が無いですね。

一抹の寂しさはありますが、ここの展示品はしかるべきところで
引き継いで、通信の源典と変遷の歴史の展示を続けて欲しいですね。

この逓信総合博物館の住所は「千代田区大手町2-3-1」なのです。

当然、お隣は「2-3-2」なのですが、かつてそこにあった省庁は
今は九段下に移転した「関東総合通信局」が有った場所です。

平成12年12月までは 「関東電気通信監理局」
昭和60年3月までは「関東電波監理局」
でした。

2013年9月4日 追記

郵便関連の展示は、2014年3月1日に東京スカイツリータウンで
郵政博物館」の名称で再開館予定だそうです。

« ハムフェア 2013 終わる | トップページ | 防災の日に寄せて »

アマチュア無線」カテゴリの記事