« 電波の日 | トップページ | 電鍵「匠」 »

2013年6月15日 (土)

用語解説シリーズ 31回目 「お借りします」 は不要!

「メインお借りします」「レピータお借りします」

よく聞くフレーズですが、果たして「お借りします」は必要でしょうか?

無線局運用規則には『「お借りします」を言いなさい』とは全く書かれていません。

どうやら、不法CB、不法パーソナル無線の慣習が持ち込まれたものでしょう。

というのは、不法CBは120チャンネルあるチャンネルごとにそのチャンネルを
仕切るグループ。

不法パーソナル無線はチャンネル固定機能がある不法改造機が横行しており、
さらに各チャンネルごとにそのチェンネルを仕切るグループ。

があって、そのグループ自体かその傘下の「クラブ」に所属していない方は
「グループまたはクラブから借りる」という発想のようです。

そもそも無線局に割り当てる周波数は、

国が周波数計画にそって無線局の目的に沿って申請により免許を与え、
もしくは免許不要としている無線局に指定するもの

ですから、特定個人、特定グループの所有物ではありません。

アマチュア無線の場合は アマチュアバンド全てがアマチュア局全ての共有財産
ですから、(電監規正局、JARLガイダンス局も含みます)
「お借りします」は一切不要なのです。

« 電波の日 | トップページ | 電鍵「匠」 »

アマチュア無線」カテゴリの記事