« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月26日 (日)

用語解説 第30回 免許人以外の操作

本日の田無タワーでの講演会「災害に強いアマチュア無線」での質疑に関して、
私がフォローさせていただきました。

「非常災害が発生した場合に、アマチュア局を操作できる無線従事者免許の無い者が
アマチュア局を使って非常通信をしてもいいのか。特に社団のアマチュア局の場合はどうなのか」

というのが質問の骨子でした。

まずは会場で、講演者に「フォローできる方」と促された際に私が話したものは
(一部補筆があります)

1 アマチュア局の操作は「電波法第三十九条の十三」により

  「アマチュア局を操作できる無線従事者免許を受けている者」または
  「外国のアマチュア局を操作できる資格で、総務大臣が別に告示するものを持つ者」

  (以下、本記事では「有資格者」)に限られます。(例外を定めた告示有り)

2 アマチュア局を「1に該当しない者(以後「無資格者」)が操作する場合は

  刑法に定める緊急避難要件

  
または

  所定の手続きをとった「アリススクールコンタクト」での
  「国際宇宙ステーションに開設したアマチュア局との一定内容の通信」
  (「臨時に開設するアマチュア局の無線設備の操作を行う場合」 平成19年12月26日 総務省告示第702号)
  に該当しない限り処罰対象になる可能性があります。

  緊急避難要件としては

  
  (1) そのアマチュア局(免許が有効なもののみ)しか連絡手段が無いこと

  (2) そのアマチュア局を操作できる有資格者が居ないか、
    居ても操作ができないこと。

  (3) まさに瀕死の重傷者が居るなど人命の危機が差し迫っていること

  この3要件が総て成立するときは「緊急避難行為になり得る」ので
  無資格者による操作が不問とされる余地がある。

ということです。

会場での回答中に「私のブログの中に解説部分があります」と話したものは以下の記事です。

「非常通信、非常通信業務、非常の場合の無線通信」のちがい (2012年7月14日 (土))
http://jo1euj-tom.cocolog-nifty.com/blog/2012/07/post-f4e7.html

緊急避難行為と無線局の無資格操作 (2012年7月22日 (日))
http://jo1euj-tom.cocolog-nifty.com/blog/2012/07/post-4aab.html

これに関して、私のブログで今までに解説していない部分があるので、以下に説明します。

「免許人又は登録人以外の者が行う無線局の運用を当該免許人がする無線局の運用とする場合」
平成23年4月15日 総務省告示第156号 (上位条文 電波法施行規則第5条の2)

という告示があり、アマチュア局には第二項が適用されます。
その規定は、いわゆる「アマチュア局のゲストオペ制度」のことです。

『「免許人の立ち会い(監督)」の下に「訪問先のアマチュア局の免許の範囲」で、
「訪問者(有資格者に限る)の資格の操作範囲内」で運用できる』というものです。

ここで、「社団が開設するアマチュア局」の場合は扱いが違っていて

「社団の構成員以外の者が運用する場合」は免許人(社団の会長)が立ち会い(監督)をしていれば、
「社団のアマチュア局の免許範囲」かつ「訪問者の資格の操作範囲内」で操作ができます。

これには例外規定があって、

電波法第52条第四項に定める「非常通信」を行う場合には

社団のアマチュア局を構成員以外が操作する場合でも免許人(社団の会長)の立ち会い(監督)を必要としない。
ただし操作するのは有資格者に限る。

という規定です。

個人が開設するアマチュア局で非常通信を行う場合は、この告示や上位規定を踏まえれば
免許人が自ら行うか、免許人の立ち会い(監督)の下で、
そのアマチュア局を操作できる有資格者が行うことになっています。

まとめると

1 個人が開設するアマチュア局の場合

  (1) 免許人本人が運用すること。
  (2) ゲストオペによる運用時はゲストの運用には免許人が必ず立ち会い、
    ゲストが所持資格の操作範囲外の操作をしないように監督すること。
  (3) 非常通信を行う際には免許人が自ら行うか免許人の立ち会いのもとに
    有資格者が行うこと。

2 社団局が開設するアマチュア局の場合

  (1) 構成員が運用すること。
  (2) 構成員以外のゲストペによる運用時は免許人(会長)が立ち会い、
    ゲストが所持資格の操作範囲外の操作をしないように監督すること。
  (3) 非常通信を行う際には構成員が行うこと。
    構成員以外の者(そのアマチュア局を操作できる有資格者に限る)が
    非常通信を行う場合は免許人(会長)が立ち会っていなくても構わない。

ということです。

 

2013年5月24日 (金)

地デジ スカイツリー移転は平成25年5月31日 09:00:00 JST

在京テレビ局、スカイツリー移行推進センターの発表によれば
東京地区の地デジテレビ送信が東京タワーからスカイツリーに移行するのは

平成25年5月31日 09:00:00 JST

になったということです。

http://t-sapo.com/tsapo/wp-content/uploads/20130524_information.pdf

平成25年5月31日 08:59:55 JSTから移行をし始めて、

平成25年5月31日 09:00:00 JSTに完全移行だそうです。

スカイツリー移行試験での受信障害が判明した建物等への対策は
まだ完全には解消していないとのことですが、解消の目処が立った
ことによるものだそうです。

2013年5月 5日 (日)

JA1RL こどもの日記念運用

今日は朝から巣鴨のJARL本部入りでした。

本来なら0900には着くつもりで居たのですが、到着は0950でした。
スタッフの一人のくせに遅刻してごめんなさい。
まだ手が着いていない準備作業をちょっと手伝ったら、1000にスタッフ朝礼です。

例年通り16時過ぎから伝搬状況を確認することになりましたが、
例年だと1830~1930ごろが最も安定して伝搬するので、
今年もそうなるだろうとスタッフ全員が予測。

朝礼後は来局した子供たちを中心にJA1RLをサービス。
隣家との調整で、 HFは 1000-1300、1600-2000の時間帯のみで、
V/UHFは 1000-1300と1500-2000を目処(8J1RLとのパスがつながったら中止)に。

1330-1430は 元南極観測隊で2回越冬した方の 南極に関する講演でした。

1630ころから南極とのパス確認。まずは1800ころから 北海道のクラブ局が先に
8J1RLとのパスが開いたので交信開始。 その後は福岡や広島もQSOできた模様。

1830ころからJA1RLでもRS55くらいで入感し始めたので、
まずは1アマ持ちスタッフ(私では無く、いつも南極との交信を支援してくれる方)が
パスを確認して、10Wに切り替えてもOKを確認したら 四アマのお子様からチャレンジ。
もちろん三アマの子の時には50W機に切り替えます。

巣鴨からは、

「8J1RL 8J1RL こちらは JA1RL JA1RL どうぞ」と呼びかけ、応答があると
RSレポートと自分の名前を送って、
南極からは名前を呼ばれてRSレポートを送ってもらって、聞き取れたら
お礼を告げて次の子と交代

という、いつもの方法です。

途中で、18:50くらいから広島市こども文化科学館の無線クラブ JH4YILが
8J1RLと交信です。 どうやら文化科学館の閉館時間の関係らしいです。
広島の子供たちの交信が終わったら巣鴨から、
まだ順番が来ていない子供が挑戦しました。

北海道と広島は私も横で聞いていましたが、福岡は直接聞いていませんが、
交信はできたようです。

子供たちが待機してる社団局と8J1RLとのパスが開くまでは、
8J1RLは一般向けサービスしていましたが、パスが開いた後は
各局とも「今日はこども優先」を守っていただきまして感謝します。

優先順位は 8J1RLブログ等 例年の基準によれば

 (1) JARLが開設する社団局において運用する小学生、中学生、高校生
 (2) 日本国内の小学生、中学生、高校生が開設する個人局
 (3) 日本国内の小学生、中学生、高校生が運用する社団局(*1)
 (4) 日本国内の空中線電力が10W以下の個人局(*2)
 (5) 日本国内のYL局(*2)
 (*1) 社団局については学校等の中に設置されているものでなくてもよい。
        (例)地域クラブ局の構成員となっているのであれば、当該社団局 のコールサインでも可。
 (*2) (1)~(3)の局からの呼び出しがなくなった場合に優先して交信します。

です。

JA1RL JARL中央局からは 四アマ2名、三アマ8名が挑戦して全員QSO完了です。

「10Wでも南極まで届くことがある(季節、時間帯によって周波数を選ぶことは必要)」
「10Wだと南極からのレポートは RS21~31なのに50Wだと31」
ということで、今日は四アマの二人には「三アマ以上取るぞ」、
三アマの子には「二アマ以上取るぞ」というきっかけになったかもしれません。

解散、撤収開始は 1920、スタッフの帰宅開始は2000でした

私は ほんの一部しかサポートしていませんが、JA1RL JARL本部でお会いした方々
および 南極との交信挑戦までの間の子供たちのJA1RLでの主に50~430MHzでの
たどたどしい交信に応答していただいた各局、
そして子供たちの運用希望が無い時間帯や周波数帯でスタッフがJA1RLを運用した
際に応答してくれた各局、そして8J1RLとの交信優先順位を守ってくれた各局に感謝します。

5月6日 0925 追記

その後 ツイッターで頂きました。

先方のIDは省略します。

#####
@JO1EUJ はじめまして、こんばんは。広島市こども文化科学館の無線クラブです。
JH4YILからも、8J1RLとの交信に挑戦しています。

JO1EUJ 
そちらはいかがでしたか? こちらは例年通り1830~1930が一番安定していました。

@JO1EUJ 子供たち全員が交信できました。広島市では18:40頃から受信し始めました。
実は、18:30に諦めて帰るところだったのですが、ツイート検索で偶然、受信した報告を
見て、子供たちを呼び止めました。ツイッターに助けられました。

#####

JA1RLからは私以外には、来局していた高校生も、
ほぼリアルタイムで実況をツイートしてくれたようです。

もちろん それに対する関連ツイ-トも役だったようです。

あらためて 子供の運用をサポートしていただいた各局に感謝します。

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »