« QSOパーティ ログ提出 | トップページ | 用語解説シリーズ 22回目 「検波器」 »

2013年1月12日 (土)

用語解説シリーズ 21回目 「振幅制限器」

FM受信機に特有のものです。

FM電波は周波数が変移することで情報を伝送します。

これを復調する「周波数弁別回路」では、

理論上は「入力信号の振幅変化は変調出力に影響は無い」という前提で
動作しますが、実際の回路では振幅が変化すると雑音成分が出てきてしまいます。

このため、周波数弁別機の入力端子では振幅を揃える必要が有ります。
この振幅を揃えるのに使われるのが振幅制限器です。

昨年7月25日にも同じテーマで書いていました。
http://jo1euj-tom.cocolog-nifty.com/blog/2012/07/4-5f43.html

ほぼ同じ観点ですが、昨年の方は スケルチ回路の動作についても触れています。

« QSOパーティ ログ提出 | トップページ | 用語解説シリーズ 22回目 「検波器」 »

アマチュア無線」カテゴリの記事