« 地デジ送信 スカイツリー移転延期か? | トップページ | 用語シリーズ 17回目 移動範囲 »

2012年11月11日 (日)

電池の日に寄せて

11月11日は「電池の日」なのだそうです。

「十一月十一日」と書くと 「+−+−」となるからだそうです。

最近は ハンディ機にも標準でリチウムイオン電池が付属していたり、
ニッケル水素電池などが付属している例が多くなりました。

正極(+)と負極(−)に使う金属のイオン化傾向などの差によって電圧が決まるので、
無線従事者養成課程講習会用教科書や電子工学関連参考書にもいくつか組み合わせが
載っているはずです。

私が今の四アマを取得したときは、乾電池、鉛蓄電池、ニッケルカドミウム電池くらいしか
載っていなかったのですが、最近は携帯電話や携帯音楽プレーヤ、小型ゲーム機では
リチウムイオン電池が主流なので、リチウムイオン電池の公称端子間電圧も必ず載って
いると言って良いでしょう。

電池を直列接続、並列接続したときの電圧と電流の関係は電源の章での重要アイテムです。

電圧は 直列にすればしただけ高くなるが電流容量は変わらない。

電流は 並列にすればしただけ多くの電流を取り出せるが直列時は容量は変わらない。

つまり

M(V)、N(A)の電池をP個直列に接続すると 電圧は P×M(V)だけど電流はN(A)しか取れない。

M(V)、N(A)の電池をP個並列に接続すると 電圧は M(V)のままだけど電流はN×P(A)を取り出せる。

各社から発売されている充電式電池は、電極の大きさ、電極の材料、電解液の内容などを
調節して必要な容量を作っている。

車のバッテリーは、メンテナンスフリーじゃないものは補水口が六個有るはず。
これは鉛蓄電池は1個あたり2Vなので、6個直列にして12Vにしている。
自動車用品店に行けばわかるように、大きさが様々なのがあるのは
取り出せる電流容量が違うから。

車の寒冷地仕様だとバッテリーが大きくなるのは外気温とバッテリーの発電能力の関係があるためです。

寒いと能力が下がるから。

などを踏まえて、参考書や講習会用教科書、各種問題集を読んでいただければ理解しやすいかな と思います。

« 地デジ送信 スカイツリー移転延期か? | トップページ | 用語シリーズ 17回目 移動範囲 »

アマチュア無線」カテゴリの記事