« 用語シリーズ 16回目 周波数帯からの逸脱 | トップページ | 電池の日に寄せて »

2012年10月29日 (月)

地デジ送信 スカイツリー移転延期か?

今朝の毎日新聞の報道から

東京タワー(333メートル)から東京スカイツリー(634メートル)=今年5月開業=への
電波塔移転が、当初予定の来年1月から大きくずれ込む見通しとなったことが
27日、NHKなどへの取材で分かった。
スカイツリーから電波を出した場合、想定以上の障害が発生する恐れが強く、
対策に時間がかかるため。

(以下略)

####

目下、深夜にスカイツリーから地デジテレビの試験電波を発射して、
放送区域のあちこちで電界強度が想定通りかどうか測定しているのだそうですが、
想定以上に強い地域があるのだそうです。

アンテナの向きを東京タワーからスカイツリーに変えなければ映らなくなる地域が有る
ことも電波障害だと記事に書かれていますが、
これは当該地域の方の目線でいえば「受信できなくなったこと」自体が「電波障害」になる
からでしょう。

電波に関する知識がある立場で考えれば

「電波の発射点が変わったらアンテナを向け直す必要が有る地域が出てくる」

のは当然のことなのですが、そうとは思っていない方もいることを考慮しての記述でしょう。

スカイツリーに移転することで、送信所が近くなる地域があること、逆に遠くなる地域
があること、スカイツリーの送信波の実効輻射電力が東京タワーとは異なることなどや
高層建築物、大型建築物の位置関係が絡むのでしょう。

電界強度が強すぎることが原因で受信できなくなるのは、
テレビ受像器の高周波増幅段やブースタが「飽和ひずみ」を起こしてしまい、
デジタル符号を正常に復調できなくなることが原因でしょう。

参考までに、現在はFM放送のうちJ-WAVE(81.3MHz)とNHK-FM東京(82.5MHz)は
スカイツリーから送信されています。
東京タワー時代は どちらも空中線電力は 10kWでEIRPは44kWでした。
今はどちらも空中線電力 7kWでもEIRPは57kWと増加しています。

実際に東京23区の北東部では両局の電界強度は東京タワー時代よりも高くなっている
そうです。

在京テレビ局の空中線電力は、たとえば JOAK-DTV (NHK総合)は
総務省電波利用サイトの免許情報検索に拠れば10kW (EIRP 48kW)です。

http://www.tele.soumu.go.jp/musen/SearchServlet?pageID=4&IT=A&DFCD=0002675750&DD=1&styleNumber=01

日テレ、フジ、TBS,テレビ朝日、テレビ東京も同様に検索できますが
関連告示(郵政省告示第661号)では空中線電力は10kWですからEIRPもNHKと同じはずです。
ちなみに東京MXは空中線電力3kW、放送大学は同5kWです。

これがスカイツリーになるとアンテナ高と放送区域を考慮した値になっているそうですが、
NHK-FM(東京)とJ-WAVEを参考にすれば、おそらくはEIRPが上がっているのでしょう。
記事に拠れば送信アンテナの地上高は東京タワーよりも200m以上高くなっているそうです。

今のご時世、パソコンで十分にシミュレーションして空中線電力とEIRPを決めたはずですが
どうやら想定以上に電界強度が高い地域があるようです。

« 用語シリーズ 16回目 周波数帯からの逸脱 | トップページ | 電池の日に寄せて »

アマチュア無線」カテゴリの記事