« 誤用だ! (国語に関する世論調査 にちなんで) | トップページ | 用語シリーズ 14回目 罰則規定 »

2012年9月23日 (日)

用語シリーズ 13回目 免許状と免許証票

無線局免許状は、無線設備の常置場所または設置場所の、主たる送信装置がある場所の見やすい場所に掲示する。
ただし掲示する場所が無いなど困難な場合はその限りでは無い。
(電波法施行規則第三十八条第二項)

これは掲示できない場合は、送信装置がある部屋の机の引き出しに入れておいて、

「見せてください」

と言われたら即見せることができればOKです。

移動するアマチュア局には、赤い1センチ四方の「無線局免許証票」も交付されます。
(電波法施行規則第三十八条第三項)

この「無線局免許証票」は、法令上は「送信装置がある場所」に貼ります。
車などに搭載した場合は、最近のモービル機は、コントローラと本体が分離する機種が
有りますが、その場合は たとえば 車の場合は 

インパネに設置したコントローラの脇のインパネに貼っても良いのです。

要は検問等で「その無線機は免許を受けていますか」と聞かれたときに、
警察官や総合通信局職員等が容易に「無線局免許証票」を認識できれば良いのです。

ハンディ機の場合は無線機本体に貼る場合が多いでしょうね。

この「無線局免許証票」の真ん中の数字は、元になる「無線局免許状」の有効期間の
「年」の下1桁と同じです。

ここで、この「無線局免許証票」が

剥がれてしまった、色あせして読めなくなってしまった、車を買い換えたので
貼り替えなければならない。

等の場合で「新しいのを欲しい」という時は、以下の手続きで新しいものを送ってくれます。

1 ご自身の名前、住所、電話番号

2 ご自身の識別信号、免許の有効期限、アマチュア局であること。

3 再交付を依頼する理由と枚数
  紛失した、色あせして読めない など。

  1〜3を適宜の用紙(A4版が良いと思います)に記載する。

4 返信用封筒にご自身の住所氏名を記して返信用切手を貼ったもの
  (いわゆるSASE)

上記を所轄の総合通信局(関東なら無線通信部陸上第3課)に送ってください。
「無線局免許証票 再交付」で検索すると、実際にこの再交付をした方の実例が
いくつかヒットしますので、そちらも参考にしてください。

「無線局免許証票」の再交付は手数料は不要ですが

「無線局免許状」は手数料が必要で、再交付申請書の書式も定められたものが有ります。

気を付けなければならないのは、

「移動するアマチュア局」の場合は、「電波法施行規則第三十八条第3項」により、
無線局免許状は常置場所に置いておき、無線局免許証票を送信装置がある場所に
備え付けなければなりません。

という規定があることです。この条文から

移動するアマチュア局は「無線局免許証票」が有るはずだから「『無線局免許状を常置場所から持ち出す』のはダメ。
持ち出すのは無線局免許証票だけでよい」

ということになります。

ということは「無線局免許証票を交付されている「移動するアマチュア局」」は、

「無線局免許証票を紛失、毀損した場合には無線局免許状を携行する」

というのはNGですので、無線局免許証票を紛失、毀損した場合は 再交付してもらいましょう。

もちろん「無線従事者免許証」は無線局を運用する際は必ず携帯していなければばりません。

当然ながら「もともと持っている送信機の台数」(工事設計書に記載した台数分)よりも
多く貰うことはできません。

電波法施行規則
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S25/S25F30901000014.html

« 誤用だ! (国語に関する世論調査 にちなんで) | トップページ | 用語シリーズ 14回目 罰則規定 »

アマチュア無線」カテゴリの記事