« 用語シリーズ第七回目「アマチュア業務」「非常通信業務」「開設理由」 | トップページ | JA3AA 島OM 逝去 »

2012年8月11日 (土)

用語シリーズ 第8回目 「電波の質」

電波法第二十八条の規定では

「送信設備に使用する電波の周波数の偏差及び幅、高調波の強度等電波の質は、
総務省令で定めるところに適合するものでなければならない。」

とあります。

それぞれ、参照するべき総務省令(規則)は

「幅」とは「占有周波数帯域幅」のことであり、各電波型式毎に許容値が
定められています。(無線設備規則第六条、無線設備規則 別表第2号)

「偏差」は周波数のズレで、 無線設備規則第五条、無線設備規則 別表第1号に限度が
定められています。

高調波の強度等は 無線設備規則第七条、無線設備規則 別表第3号に限度が
定められています。

噂では「電波の質は『トロ』」という覚え方があるようですが・・・

これは

「占有周波数帯域幅」の「占有」の「占」は「カタカナの「ト」と「ロ」に分解できるから」

巷に出回っている模擬問題集では「占有周波数帯域幅」が正答のものが有るから

らしいですね。

でも、それだと「電波の質」の意味を正しく理解できているのでしょうか?

「電波の質はトロ」と覚えている方は、

「電波の幅」とか「発射する電波が使用する幅」など「占」を使わないが同じ意味の選択肢
が正解の問題でも正答できるのでしょうかね。
さらに「幅」ではなく「周波数の偏差」または「高調波の強度等」を正解にした問題でも
正答できるのでしょうか?

正答理由も、おおざっぱで良いので覚えて欲しいです。
そうしないと、実際に開局した際や運用する際に困ることは減るはずです。

« 用語シリーズ第七回目「アマチュア業務」「非常通信業務」「開設理由」 | トップページ | JA3AA 島OM 逝去 »

アマチュア無線」カテゴリの記事