« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月28日 (木)

一般社団法人及び一般財団法人に関する法律 第六十三条

6月24日の 一般社団法人日本アマチュア無線連盟(以下 JARL) 社員総会に関して

「社員は、理事候補者選挙の際の正員の民意を重んじて、候補者全員を承認するべきだった」

という意見があるようです。

でも、JARLは一般社団法人ですから「一般社団法人及び一般財団法人に関する法律」
に従う必要が有り、この法律はJARL定款の上位規定ですから、
この法律の規定が優先します。

この法律の第六十三条では

(選任)
第六十三条  役員(理事及び監事をいう。以下この款において同じ。)及び
          会計監査人は、社員総会の決議によって選任する。

 前項の決議をする場合には、法務省令で定めるところにより、役員が欠けた
   場合又はこの法律若しくは定款で定めた役員の員数を欠くこととなるときに
  備えて補欠の役員を選任することができる。

とありますので

「社員総会では、あらかじめ正員が選出した役員候補者全員をそのまま認証する(すなわち認否を決議しない)」

というわけには行かないはずです。

当然 正員は社員に対して「候補者全員をそのまま承認しろ」と強要する事はできません。
(公職選挙法で、特定候補への投票を強要すると同法違反になりますから、
一般社団法人等の場合でも準用されるはずです)

意見として言うのは良いとしても、強要ととられる言い方は相応しくないでしょう。

現行の一般社団法人及び一般財団法人に関する法律の規定に拠る限りは

「役員認否に関しては社員総会の場において、各社員の自由意志で行うべき。
当然、各役員候補者を個別に選任するか議決するのが理想である。
なお社員総会に出席できない社員は、議決権行使書により意志を表明すればよい」

ことになるはずです。

無線従事者規則等改正

平成24年6月26日付官報で、無線従事者規則、電波法施行規則、関連告示等が
ほぼ先のパブコメ結果による総務省案どおり改正公布されました。

これにより、

(1) 一定条件を備えれば、e-learning による無線従事者養成課程講習会が可能

(2) 同様にCBT試験による修了試験も可能

などが関連規則、告示で明文化されました。

施行は平成二十五年四月一日です。(特に指定された条文・規則を除く)

詳細は官報もしくは電子政府ホームページを参照してください。

2012年6月27日 (水)

JARL 社員総会 社員の考え

出席した社員の中には、ご自身のブログやホームページで、今回の社員総会の概要や
理事候補者の認否の判断基準を書かれている方が何名かいらっしゃいます。

検索すればヒットするはずなので、各位で検索されてご覧になってください。

私が質疑応答を託した方からは、「短時間でよくぞここまでまとめた」という総会詳報を
いただきました。ありがとうございます。

それらを踏まえて、傍聴券を手配し損ねたのがちょっと悔しかったな。

来年は忘れないようにしよう。

2012年6月26日 (火)

JARL 社員総会

既に速報が掲載されていますが、理事候補者のうち4人が、理事就任を否決されました。
この4人は理事候補者選挙では象さんグループである事を表明していました。

実物を見たわけではないのですが、出席した社員からの情報を総合すると、この4人には
「当日、会場内限定で提供(議案終了後に回収)された資料記載事項に共通の状態が
あったこと」の影響は否定できないでしょう。
他の象さんグループ候補は承認されているのですから、単純に「象さんだから否認された」
とは言えないはずです。

どんな状態だったのかは各位の地元の社員にお尋ねください。 教えてくれるはずです。

ヒント:
企業の採用担当という立場で考えてください。
送られてきた履歴書、職務経歴書がそういう状態だったら、書類審査で落としますよね。

とは言っても、「日本のアマチュア無線を代表する団体の役員を選出する」という特質を
考慮すると、候補者の個人ホームページやブログ、日ごろのアマチュア局運用状況、
各地域の支部等での活動状況などから適否を判断できる部分もありますから、
社員各位の判断基準を知りたい部分があります。

「投票の秘密」の絡みもあるので、「誰が誰を否認したか」は教えてくれないでしょうし、
伝え聞いた採決方法では、それが判る(記録に残る)方法ではなかったそうです。

2012年6月24日 (日)

電子申請時の無線局免許状等の送付について

多くの方が「90円加算して払うから郵送してね」(80円切手代+封筒代)という
意見には賛成すると思う。

でも、郵政省時代の話や、郵便事業が国営だったらまだしも、今はダメなんですよ。
無線局免許状等の送付に関しては、実際に電子申請の案内にも記載があるけど、

申請者の住所氏名、電子申請番号を記載した返信封筒(無線局免許状等が格納
できるもの)に、

適正料金の返信切手(郵便事業会社を利用する場合)もしくは
申請者が使用を希望する信書便事業会社が指定する料金を納付済みである事を
証する商標のどちらか

を貼付しなければなりません。

簡単に言うと「各総合通信局からの無線局免許状等の送付には
民営化された郵便事業会社だけを使うわけにはいかない」のです。

これを言うと「電波利用料の納付書は『コンピュータ郵便で届くだろ』」という突っ込みが
入りそうですけどね。

もちろん、関東ならば九段第三合同庁舎の22階にある陸上第三課に直接受領に行く
こともOKです。

この場合は1階のエレベータ乗り場前にいる守衛さんに「22階に行く」と言えばよく、
少し丁寧に言うならば「22階の関東総合通信局陸上第三課に行く」でOKです。

事前に取りに行く事を電話等で伝えておけば、あらかじめプリントアウトして
おいてくれます。陸上第三課の受付で目的を告げると、待たされても数分らしいです。

直接受領の際は身分証明書(本人確認書類)の持参をお忘れなく。

一般社団法人 日本アマチュア無線連盟 定期社員総会

本日は一般社団法人として初の社員総会の開催日です。

平成24 年6 月24 日(日) 午後1 時開会
東京都千代田区神田美土代町7 住友不動産神田ビル
ベルサール神田 会議室

私は傍聴券を手配し損ねましたので、会場に行く事はできても
傍聴席を含む会議室に入る事はできません。

もし 私が昨年9月の臨時社員選挙に当選した場合は下記の事項を
質疑応答事項とするつもりでしたので、
出席する社員に委ねたものを
列記します。

1.平成23年度の事業報告の審議が無い理由


  事業報告として23年度中に特筆するべき内容を中心にした報告と
  その承認は必要ではないでしょうか。
  「承認されなかった場合はどうするのか」という問題は有りますが、
  新年度も継続するべき事業を審議するためには事業報告とその承認は
  必要だと思います。

2.平成24年度の事業計画の審議が無い理由


  24年度も継続する事業、24年度に新たに行う事業などは、
  やはり審議するべきだと思います。
  日本のアマチュア無線を代表する団体である以上は、日本のアマチュア
  無線の発展を通じて世界のアマチュア無線の発展にも寄与する事業で
  有るべきだと思います。

3.平成24年度の予算審議が無い理由


  会員減に伴う収入源に見合った予算であるべきですし、
  削ってはいけない所などを審議するべきです。

4.無線従事者規則と関連告示改正に関してのJARLの考え。


  改正に先だってのパブリックコメントでJARLが何も意見を
  出さなかった理由も含む。

  アマチュア無線制度の根幹に関わる改正が行われています。
  特に第三級および第四級アマチュア無線技士の無線従事者養成課程の
  授業形態やその内容に関わる関係法令と告示が改正されていますが、
  いわば「最も重要な」利害関係者であるJARLが何も意見を出さなかった
  パブリックコメントが存在しますので、パブリックコメントで何も意見を出さ
  なかった理由を明らかにするべきだと思います。

5.関連団体との協調に関して。


  総務省、各地の総合通信局、
各放送局、有線放送局などはもとより
  各地の電波障害防止協議会、受信環境クリーン協議会、
  
各都道府県電波適正利用推進員協議会などと連携しての
  電波障害防止、不法無線局・違法無線局防止を主目的とした
  「JARLならではの活動」を「一般社団法人としてはどう展開していくのか」
  を明確にしていただきたく思います。

出席した社員各位、および傍聴した各位は主観を含めず、
総会中の各理事、社員の発言内容の事実をありのままご自身のブログや
掲示板、ホームページ等で明らかにして頂きたく思います。

2012年6月20日 (水)

総務省 免許情報検索

6月19日付けの検索データ更改から、
5月10日付けで免許された、私が免許人の「移動しない局」がヒットするようになりました。
今は5月19日までに免許された局ならばヒットするはずです。

総務省の無線局免許情報検索に反映されるのは、およそ1ヶ月という事になります。

参考までに 現在の申請処理に掛かる日数は

1 無線従事者免許証の交付  約1ヶ月半、最短1ヶ月

2 新規アマチュア局開設申請  電子申請で最短で約半月、1ヶ月以内に処理されるはず。
                     (TSSの保証認定が必要な場合は、その分を加算。
                     半月ほど加算してください)

3 アマチュア局変更申請(届) 約1ヶ月半くらい掛かると思ってください。

ソースは私自身の局の手続き日数や、周囲の講習会修了試験合格者、国家試験合格者
からの情報を元にしています。

申請の混雑状況で、もっと早く処理されたり、もっと待たされることがあります。

2012年6月10日 (日)

水晶フィルタ

4月25日に書いたHF機と同時に、144/430の2バンド機も入手していました。
15年くらい前の機種で、JARD技適機です。

こちらは完動品ですが、CWに出る事が多い私には必需品のCWナローフィルタが
入っていなかったのですが、幸い現行機種と同じものが使えるので早速入手して
取り付けました。この機種も「移動しない局」の設備にしてあります。

ちなみに「HF機」のほうは第1IFには270HzのナローCWフィルタが入っていました。
純正の455kHz側500Hzまたは270HzのCWフィルタも入れようかどうか思案中です。
ヤフオクの落札相場はフィルタ単体でも新品当時と大差ない入札額にしないと
落札できませんし、ハムショップで中古が出た時も新品定価に近い額で売値が付く事が
殆どですので思案してしまいます。

まあ 私の日ごろの運用スタイルからすれば2段ともナローを入れる必要は低くて、
今の第1IFに入ってる分だけでも十分ですけどね。

でもやはり コリンズフィルタはあこがれるなぁ。

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »