« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月18日 (金)

電波利用料納付

仕事から帰宅したら、郵便受けに、総務省が差出人のコンピュータ郵便が届いていました。

中身は「移動しない局」の分の電波利用料の納付書です。
早速 ペイジーで納付しました。 4年分前納ですので5年分を納めました。

ここで気づいた事。

再免許申請、変更申請(届)、新設申請ともに無線局免許状の交付日は
「審査完了日」です。
なので 電子申請した方は手数料納付と同時にSASEを送ったほうが早く
手続き完了後の無線局免許状を受け取れると思います。

2012年5月17日 (木)

移動しない局 局免到着

5月10日付で発給された「移動しない局」の無線局免許状が到着しました。

これで来週には(もしかしたら明日か明後日にも)この局の分の電波利用料納付書が
届くでしょう。

TSSに保証認定願いを出してから25日。

関東総合通信局に保証書を添えて電子申請してから19日で局免受領です。

今月末か6月上旬のデータベース更新後でないと

無線局等情報検索
http://www.tele.soumu.go.jp/musen/SearchServlet?pageID=1
の結果には反映されないでしょう。

今日現在では「平成24年4月21日現在」の情報で検索します。

2012年5月16日 (水)

無線従事者養成課程講習会の標準教科書が変わります

郵政省告示第百五十五号が平成24年2月20日付けで改正されました。

平成24年1月に 各級特殊無線技士、第三級および第四級アマチュア無線技士の
無線従事者養成課程講習会で使用する標準教科書の認定日が変わりました。

一海特:工学、法規:平成二十四年一月二十日

二海特:工学、法規:平成二十四年一月二十日

三海特:工学、法規:平成二十四年一月二十日

レーダー海特:工学、法規:平成二十四年一月二十日

航空特:工学、法規:平成二十四年一月二十日

一陸特:工学、法規:平成二十四年一月二十日

二陸特:工学、法規:平成二十四年一月二十日

三陸特:工学、法規:平成二十四年一月二十日

国内電信特:法規:平成二十四年一月二十日

三アマ:工学、法規:平成二十四年一月十五日

四アマ:工学、法規:平成二十四年一月十五日

なお、無線従事者規則により
「標準教科書と同等以上の内容である」と総合通信局長が判断した場合は
「標準教科書ではなくてもよい」とされています。

講習会を受講する方は、ネットオークションや書店等で入手する際は、教科書の認定日に注意してください。

当然ながら、どの教科書を使うのかはかならず講習会実施機関に確認してください。


2012年5月10日 (木)

「移動しない局」審査終了

仕事から帰宅して、何気なく総務省インターネット申請のステータスを確認したら
なんと本日付で「審査終了」でした。

さっそく明日の朝 SASEを投函します。

2012年5月 9日 (水)

パブコメ e-learningが可能に

3月26日に締め切った 無線従事者規則改正案のパブコメの結果です。

http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01kiban09_02000051.html

あとは 無線従事者規則の改正を待つだけですね。

その後は環境整備が完了すれば e-learningが可能になります。

2012年5月 8日 (火)

「移動しない局」経過2

5月8日夕方に
「申請が受け付けられましたので、申請手数料の電子納付手続をお願いします。」
というメールが届きましたので仕事から帰宅して、ネットバンキング+ペイジー
で5500円の納付をしました。
たぶん 来週中に審査完了でしょう。 いや21日の週まで掛かるかな。

参考までに昨年の「移動する局」の再免許は
4月9日に電子申請で再免許申請書を送信、4月14日に手数料納付依頼メール受信、
4月14日深夜にペイジー納付、4月18日に審査完了、4月末に局免受領でしたから
このパターンで言うと11日か14日に審査完了のはずです。

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »