« 総会議事録到着 | トップページ | ハードルは高かった。 »

2011年9月17日 (土)

JARL臨時社員選挙 終盤戦

投票用紙の郵送日数を考えれば、この三連休明けの火曜日(20日)が投函期限でしょう。

投票用紙が届いてからの休日は、どんどんオンエアして、積極的に多数の方と交信したい
ところですが、科学技術振興のためのイベント関係者として出かける休日が連続していて、
なかなか時間が取れません。

そのイベントで感じることは、ホームページの所信表明でも触れていますが、

「アマチュア無線はちょっとしたきっかけで興味を持って頂ける」

のです。

とはいっても、今のご時世では、私がアマチュア無線に興味を持った40年前、
実際に「電話級(現第四級)」を受験した35年前の科学雑誌等での勧誘方法が通じるのは
ごく少数だということです。

現在は、ETCや携帯電話、コードレス電話のように、容易に「電波を使っている」と認識して
頂ける機器以外にも電波を使っている機器は多いです。

たとえば、電波法第四条に定める無免許で使える設備のうち、
802.11bを使ったもの、ブルートゥースを使ったものが家庭内でどれだけ浸透しているでしょうか。

小型ゲーム機、一部の据え付け型ゲーム機、オーディオ機器などがあります。

さらには、いわゆる電子マネー、IC交通カードも電波を使っています。
(法的には「高周波利用設備」の範疇で、13.56MHzを使っています。)

いわゆる「万引き防止タグ」はズバリRFIDです。

などなど、

「気づかないけど電波を使っているものはたくさんあるんですよ」

そこから入っていくと「電波って非常に身近なんだよ」と知って頂くことになりますので、
その発展系として、イベント内容に拠りますが、

「電波でいろいろ実験をしたければアマチュア無線をしよう」

というのも一つの例だと思います。

参考までに、
先週の土日は府中市生涯教育センターと小金井の学芸大学で開催されたイベントに出ていました。

« 総会議事録到着 | トップページ | ハードルは高かった。 »

アマチュア無線」カテゴリの記事

無料ブログはココログ

最近のコメント