« 定員・満員御礼 | トップページ | 降雨減衰 »

2011年8月15日 (月)

某週刊誌の誤報?

今、電車内で見かける某週刊誌の8月19・26日合併号の「中つり広告」で

『テレビ局の電波使用料はタダ同然! 国民は「ケータイ料金」でその200倍払ってる』

というものがあります。

見出しにある「電波使用料」って何のことでしょう。そんなものは存在しません。

「電波利用料」なら存在しますけどね。

どんな記事なのかは読んでいませんが、おそらくは
「全テレビ局が払う電波利用料総額の200倍が携帯電話会社が払う電波利用料総額」
という記事でしょう。

電波法第百三条の二は「電波利用料の徴収等」という条文ですが、
中吊り広告作者や記事を書いた記者、そしてそれをチェックする編集長は、
電波法令集で、「電波使用料」という用語が適正か否かをチェックしたのでしょうか。

少なくとも、『放送局に課せられる電波利用料』と
『携帯電話会社に課せられる電波利用料』は調べたはずですから、その過程で

『「電波使用料」という語句は間違いであることに気づく』

はずですが、何らかの意図があって、わざと「使用料」としているのでしょうか。

ともかく「電波使用料」というものは存在しません。法令で定められている用語ですから、
記事にする際は、関連法令で使われている通りの「電波利用料」で中吊り広告の見出し
にしたり記事にするべきです。

« 定員・満員御礼 | トップページ | 降雨減衰 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事