« 電気通信術廃止 | トップページ | 情報通信月間行事 »

2011年5月30日 (月)

JARLいけだ総会

前日の夜に大阪着。 宿は大阪では定宿の大阪東急イン。
寝屋川臨時総会ではあいにく満室で取れなかったが、今回は早々と予約しました。
飛行機は貯めたマイルのおかげでICクーポンなるものに換算して差額の約9000円の
支払いで済みました。

当日は 梅田を出るときはそうでもなかったのに、石橋に着いたら雨が強くなっていて、
アーケード伝いに行けるところまで行ってから会場入り。 到着は 09:30位だったかな。

正員入場証、委任状用紙も受け取ったら、質問者受付へ。
準備書面を出してあるので、受付は楽です。

議事自体は 10時 開会式、11:10議事、17:00閉会という進行でした。
私は第1号議案関連と第3号議案関連で二度登壇しました。

原会長が健康上の理由等から 新法対応の登記をもって会長を辞したいとの公式発言が
一番注目されていました。

私は監査指導委員歴20年、個人局も今年で30年。いろいろな思いがあります。
2000年の函館総会以降、いろいろ意見、要望、質問をぶつけてきました。
監査指導委員として活動してきた経験に基づく要望や、別の活動で子供向け活動を
したときの経験に基づく発言をさせていただきました。

今年の私の質疑のトピックスとしては、「アマチュア業務として相応しくない例示」には、
いろいろな制約があるのは承知なんだけど、あの例示を廃止したことで「何でもあり」と
勘違いしている方が居るのは何とかしなければなりません。

「丸一日聞いていないと出ている方のコールサインが判明しない通信」は、
いくつかの法令、制令、規則に反しています。そんな通信がはびこっているバンドを
ワッチしたら、幻滅を感じる方は多いはずです。 特に子供たちです。
アマチュア無線に夢を持って入ってくる方、特に青少年の夢を壊さないで欲しい。
そんな思いを壇上で述べました。

ここの読者が何人いらっしゃるか判りませんが、自分に出来る範囲で、
新制JARLにも協力してアマチュア無線をもり立てましょうよ。 そう思います。

« 電気通信術廃止 | トップページ | 情報通信月間行事 »

アマチュア無線」カテゴリの記事

無料ブログはココログ

最近のコメント